taxi

タクシー乗務員

まず、第二種運転免許が必要になります

募集は

募集要項としては21歳以上(3年以上の運転経験が必要と言う事)で、普通自動車第一種免許の方は58~59歳までが普通です。普通自動車第二種免許を取得済みの方は60歳を超えても大丈夫です。

と言う事は、普通自動車第一種免許の方は、定年後にタクシー乗務員と言う選択は厳しいと言えます。定年前あるいは定年後に自前で取得して求職と言う選択になります。

atplus

 

第二種運転免許とは

道路交通法上の免許区分のひとつで、バスやタクシーなどの旅客自動車を旅客運送のため運転する場合や、業務として顧客の自動車を運転(代行)する場合、必要な運転免許です。

  • タクシーの場合は普通自動車第二種免許。
  • バスの場合は大型自動車第二種免許。

したがって、タクシー乗務員には普通自動車第二種免許が必要と言う事になります。

taxi_1

タクシー乗務員

atplus6

 

採用後は

採用後は普通自動車第一種免許ですので、普通自動車第二種免許の取得が必要になりますが、タクシー会社では普通自動車第二種免許の取得をバックアップしています。

普通自動車第二種免許取得後は、タクシー運転手として登録し顔写真付き乗務員証を交付してもらうため、社内研修と各地区ごとの研修センター(タクシーセンター)、都内の場合だと東京タクシーセンター(旧タクシー近代化センター)で受ける研修が義務付けされており、最終日には地理試験が有ります。

地方の研修センターでの試験では、100%合格になるようにしてくれます。^_^ ただし、東京特定指定地域のような特定指定地域の地理試験ではそうは行きません。

生半可では受からず、2度3度と受ける方はザラにいます。(・_・;)
※取得が遅くなると経費もかさみます。それは債務が増えると言う事で、早期退職時の返済額も当然増えます。

報酬は

取得までの養成期間中も保障手当が有り、3ヶ月から最長6か月(企業による)の給料保障もあります。(※養成期間中に掛った費用は契約期間満了までは借入のような物で、勤務毎に減って来ます。ただし、中途退職の場合は残期間に応じて債務となります。支度金も同様です。)

保障給後の報酬ですが歩合制です。会社により色々ですが歩合率が良い所では完全歩合制で固定給は有りません。給料明細には固定給◯◯円、歩合◯◯円、その他残業とか色々・・・と有りますが、歩合を上手く振り分けてそれらしく記載しているだけです。

また、固定給がある場合は歩合の率が低く、双方ともノルマが行かないと歩合率は極端に低くなります。なので、そこまでしてタクシー運転手に?

と言う疑問はあります。

taxi_1

タクシー乗務員

稼げません!

年収200万円台が殆どだそうで、地方では手取り10万円前後の方も多くいるようです。ただ、一度タクシー乗務員になってしまえば年齢制限は殆どの場合ないに等しく普通に70歳近くまで働けるようです。

 

実態は

都内など、大都市では流しで稼ぐことが出来ますが、人口密度の低い地方都市ではそうも行きません。なので、駅や人が集中する所などで客待ちをするのです。並んで待てば順番に、必ずお客さんを乗せることが出来ます。

一見サボっているように見えますが、実際は早く順番が回ってくるのを首を長~くして待っているのです。ひどい時には3時間以上も順番が回って来ない事も有るようです。

稼げません!

都内など、大都市では流しで稼ぐことが出来ますが、人口密度の低い地方都市ではそうも行きません。なので、駅や人が集中する所などで客待ちをするのです。並んで待てば順番に、必ずお客さんを乗せることが出来ます。 一見サボっているように見えますが、実際は早く順番が回ってくるのを首を長~くして待っているのです。ひどい時には3時間以上も順番が回って来ない事も有るようです。

これじゃ、稼げません!!
現実に、地方では手取り10万前後、また、それ以下も多くいるようです。

反対に、余りあくせくしなくともソコソコ稼ぐ人がいます。固定客が付いている人や、良い場所で客待ちが出来る人達です。固定客が付いている人はその人の実績、力ですから当然の結果でしょう。問題は良い場所で客待ちが出来る人達です。

何が問題かと言いますと、タクシーは自由競争の世界です。でも、彼らは既得権で他を排除します。良い場所には新人は疎か、ベテランでさえ他の場所には入れません。仲間内だけで他は強制的に排除されます。まるで、ほっぺたにキズのあるお兄さん達みたいです。

 

 

彼らには彼らなりに

ここは自分達が見つけ自分達が開拓してきたと言う自負が有り、既得権を主張するわけで一概に全否定は出来ません。が、弊害になっている事も事実です。なので、希望をもって転職してきた新人はいきなり躓きます。時間を掛けてでも上手く仲間内に入れれば良いのですが・・・

で、大きなタクシープールの有る駅で客待ちとなるのです。小さな駅ではやはり入れません。あとは企業やホテルなど、自由に入れる所もありますが大体は1社か2社のタクシー会社が提携して専有しています。以上の事から、車が好き、年齢に関係なく働けると言った軽い思いで始めると辛いかもしれません。

ただし、管理されているとは言え自由度は高く、自身の頑張り次第では高収入も可能では有ります。また、明け日を含めると休日は多く、家族や友人達との有意義な日々を過ごす事も可能です。

低賃金+長く働ける=タクシー運転手