雇用・社会保障制度

社会保障制度

病気や失業、または借金で経済的に切迫している状況の時には迷わず市町村の窓口へ相談しましょう。例えば、国民健康保険などは保険料が減免されます。国民年金の場合は免除または猶予される制度があります。

全額免除、一部納付申請 、若年者納付猶予申請、学生納付特例申請と有り、保険料を未納のまま放置すると、将来の「老齢基礎年金」や、いざというときの「障害基礎年金」、「遺族基礎年金」を受け取ることができない場合があります。

その他、雇用保険を受給できない求職者の求職者支援訓練(給付金付き)も始まっています。これらの事から、何もしないと言うことはデメリットだらけです。誰かが何とかしてくれる・・・は無いのです。経済的に切迫している状況の時こそ行動すべきなのです。

詳しくは各ホームページで

イタリアの経済学者・社会学者ヴィルフレド・パレートさん。
彼が発表した「パレートの法則」(2:8の法則)経済・社会体制が異なる国々でも、また異なる時期においても社会全体の所得の多くは一部の高額所得者が占めている。

簡単に言うと国や時代が変わっても、20%の高額所得者に80%の低所得者と言う構図は変わらない。生まれた時から世の中は決して公平でも平等でもない。と言うことです。

社会に不満を漏らすより、利用できる制度は利用し、早く社会的弱者と言う立場から抜け出しましょう。

斎藤一人
「やってやれないことはない、やらずにできるはずがない」

行動しましょ。(=⌒▽⌒=)

雇用・社会保障